2016年08月02日

私流のJALカードのマイル稼ぎ技





こんにちは。DAIBOUCHOUです。

クレジットカードのポイント稼ぎは楽しいですよね。私はセゾンプラチナ・アメリカン・エクスプレスカードとJALカードの2枚がメインカードで、JALマイルを貯めています。

JALカードショッピングマイル・プレミアム】
今回は私流のJALカードのマイル稼ぎ技を紹介します。

JALカードは有名ですが、余り還元率が高いという話は聞かないと思います。でもJALカードショッピングマイル・プレミアムというオプションを追加すると一気に高還元のクレジットカードになるのです。

普通のJALカードなら200円につき1マイル獲得なのに、年間3240円(税込)を追加で支払ってJALカードショッピングマイル・プレミアムを付けると、買い物100円につき1マイル獲得となり、マイルが2倍貰えます。1マイル2円換算として、2%の還元率です。JALカードで年間32万4千円以上買い物するなら、年間3240円(税込)の費用をマイルで回収できる計算ですね。

【採算の内訳】
●費用
JALカード年会費:2160円(税込)
JALカードショッピングマイル・プレミアム:3240円(税込)
合計:5400円(税込)

●収入
年間32万4千円の決済:3240マイル(6480円相当)

年間32万4千円というと多そうですが、月々の電気代、ガス代、水道代、携帯電話代、ネット代など、月々2万円位はかかる生活費を全てカード払いにすれば、難しくないと思います。

費用は一定で、決済金額が増えれば増えるほど収入は増えていきます。

【初回搭乗ボーナス】
また、毎年、初めてJAL便に搭乗した時に1000マイルがボーナスで貰えるので、毎年JAL便に搭乗するなら、初回搭乗ボーナスマイルだけで年会費を回収できます。私はボーナスマイル欲しさに、東京から大阪に新幹線でなく、あえてJALの先特割引で行きました。早朝便なら約1万円で行けて、1000マイル+210マイル(2420円)を獲得できるので、年1回限りですが7500円程度で大阪に行ける計算になります。

余談として、大量に買い物する人にはANA VISAプラチナプレミアムカードが、私の知る限り還元率3%で最強だと思いますが、年会費が8万64百円(税込)もするため、年会費の回収は至難の業です。

【提携ブランドとオートチャージ】
JALカードで重要なのが、提携ブランドの選び方です。私は元々TOKYU POINT ClubQカード所有者だったので、都合良くTOKYU POINT ClubQ提携のJALカードを選びました。元々保有中のTOKYU POINT ClubQカードを解約出来て、年会費1080円(税込)を削減できました。

PASMO、Suicaを使う方なら、オートチャージ設定が出来るJALカードがお勧めです。オートチャージ設定出来るのは、TOKYU POINT ClubQ提携の他に、小田急のOPクレジット提携、JRのSuica提携のJALカードです。

PASMOやSuicaのオートチャージでもJALマイルが貰えるから、電車やバスに乗るだけでJALマイルが貯まります。数百円の会計でクレジットカード決済をお願いするのは、少し勇気がいりますが、PASMOやSuicaの決済なら簡単でしょう。

【VISA/マスターか、JCBか】
ただ、TOKYU POINT ClubQはVISA/マスター、OPとSuicaはJCBという違いがあります。JCBは、アジアやハワイなど、日本人が多い海外観光地で色々とお得なサービスを提供しており、1枚は持つべきです。ただ、VISA/マスターは一番使える店が多いという安心感があります。

実は、私がセゾンプラチナ・アメリカン・エクスプレスカードとJALカードの2枚持ちにしているのも、アメックスが使える店が限られるからです。アメックスが使えない店はJALカードで払う事で、マイルを稼ぐチャンスを失う事を防いでいます。

JALカード1本でも良いですが、セゾンプラチナは永久不滅.comでのポイント還元だけで年会費をマイルで回収しています。セゾンプラチナの活用法は、別途紹介予定です。

【マイルの使い方】
肝心のJALカードの使い方は、私はアジア1のエリアで一番遠い場所である香港にビジネスクラスで行くのに使っています。曜日限定特典なら4万マイルでビジネスクラスの往復航空券を獲得できます。香港行きビジネスクラスは、格安航空券でも往復10万円はかかるので、1マイル2.5円換算とお得です。ヨーロッパのビジネスクラスだと、1人8万5000マイル必要で、貯めるのが大変です。また、ヨーロッパは中東系の航空会社の運賃が安いので、それで充分だと思います。

JALカードツアープレミアム】
また、私はJALカードツアープレミアムという年2160円(税込)のオプションも付けています。エクスペディアなどの格安航空券でもマイルが100%獲得出来るので、年1回程度、JAL便で海外に行く人なら元が取れると思います。

【カードランク】
一般、CLUB-Aカード、ゴールド、プラチナのランクもありますが、私はそれほどJAL便に搭乗しないので一般カードです。海外出張などJAL搭乗が多い方なら、ボーナスマイルが多い上級ランクを選ぶと良いでしょう。

JALカードをまだ持っていない方は、ぜひ下記のリンクからJALカードを作ってくれると嬉しいです。

よろしくお願いします。

DAIBOUCHOU




posted by DAIBOUCHOU at 14:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 口座開設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私のメイン口座、GMOクリック証券について。





こんにちは。DAIBOUCHOUです。

【GMOグループの株主優待】
株主優待が好きの投資家なら、GMOインターネット(東証一部9449)を100株持つのはお約束だと思います。14万円前後で年間2万4千円+αの割引が得られる、今時珍しく高い優待利回りが得られます。

同様の株主優待がGMOクリックHD(JQ 7177)、GMOクラウド(東証一部3788)、GMOアドパートナーズ(JQ 4784)でも得られます。GMOペパボ(JQ3633)も株主優待がありますが、100株購入に約40万円必要なため、優待目的としてはお勧め出来ません。

このお得なGMOグループの株主優待の多くは、GMOクリック証券に口座があり、売買する必要があります。GMOグループの株主優待を取得しているのに、GMOクリック証券に口座が無く、優待を無駄にするのは勿体無い。実は、私も無駄にしていました。でも、余りに勿体無くて、GMOクリック証券を利用開始しました。利用開始してみたら、意外と使える機能が多かったのです。

【ウォッチリスト】
私にとってGMOクリック証券の良い機能は、まず、「ウォッチリスト」でしょう。私は、GMOクリック証券のウォッチリスト無しで株式投資は出来ないとさえ思っています。

ウォッチリストは、ヤフーファイナンスのポートフォリオ機能と同じ感じですが、違うのは保有株に何かニュースがあれば逐一お知らせしてくれる事です。決算発表のシーズンになると、余りに多くの決算発表に埋もれて、いつの間にか保有株に決算発表があって、気付かなかった、もう手遅れだ…という失敗を防げます。

HYPER SBIでも、決算発表程度のニュースは分かりますが、GMOクリック証券のウォッチリストは、月次決算や新製品などのIRニュース、大量保有報告書や有価証券報告書などのEDINET関連、レーティング情報や日本証券新聞の見出し情報など、事細かに保有株のニュースをお知らせしてくれます。私は保有株を100銘柄以上保有していますが、ウォッチリストのお蔭で効率的に保有株のニュース確認が出来ています。

また、HYPER SBIのスマホ版はパソコン版の機能限定版という感じですが、GMOクリック証券のウォッチリストはWEBベースの機能なので、パソコンだけでなくスマホでも同じ機能が使えます。会社からの帰宅中に、今日発表されたニュースや決算短信をスマホで確認できます。昔、私は電車の中で、ノートパソコンを使って決算を確認していたので、良い時代になりました。

GMOクリック証券で保有中の株は、自動的にウォッチリストに登録されます。でも、他社の口座で保有中の株でも大丈夫です。ウォッチリストに一度銘柄登録さえすれば、同じように保有株のニュース確認できます。

HYPER SBIは毎月売買しないと有料ですが、ウォッチリストは完全に無料の機能で、保有株ゼロでも、GMOクリック証券で一切売買しなくても使えます。

問題点としては、iPhoneでチャートが見られない事です。この点は、私の株探や四季報など、他のサービスを利用すれば大丈夫でしょう。

【財務分析】
次に使えるのが、「財務分析」です。昔、シェアーズ社が提供していた有料の企業分析サービスをGMOクリック証券が買収し、同様のサービスを無料で利用できるようにしています。株主価値の高安判断やB/S、P/S、キャッシュフローの分析など、私でも使い切れないほど、機能が豊富な分析ツールです。

財務分析の詳細は、下記公式ガイドをご参照ください。
https://www.click-sec.com/corp/guide/kabu/stock_investors/contents/fin_analysis.html

私が主に使っているのは上記のウォッチリストと財務分析ですが、他にも色々機能やアプリがあります。私が使い切れていないだけで、有益な事も多いでしょう。

【注意点】
注意点としては、GMOクリック証券の決算書類を見れば分かる通り、株式投資関連は大して利益にならず、株式投資以外のFX、CFD、先物の売買がGMOクリック証券の大きな収入源となっています。FX、CFD、先物の売買をする投資家がGMOクリック証券に落とすお金のお蔭で、株式投資の各種サービスが無料で受けられると言えるかもしれません。

FX、CFD、先物の売買で稼げる優秀なトレーダーもいらっしゃるので何とも言えませんが、レバレッジが伴う取引で危険です。クリック一つでFX、CFD、先物の売買が開始出来ますが、私としては、普通の人は株式投資だけで充分だと思っています。

実際にGMOクリック証券をメイン口座として利用するまでになり、GMOクリック証券の株主にもなってしまう位、気に入ってしまったので、紹介した次第です。

【口座開設の注意点】
口座開設の注意点として、特定口座の源泉徴収の有無をしっかり検討する事です。後で変更するのが少し面倒だからです。特に専業主婦の方なら、株で儲かった時、確定申告の必要が出てきて、申告合計所得金額が38万円以上になると配偶者の扶養から外れて大変なので、源泉徴収有りにして下さいね。

GMOクリック証券の口座開設をしてみたくなった方は、ぜひ下記バナーから口座開設をよろしくお願いします。

DAIBOUCHOU




posted by DAIBOUCHOU at 11:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 口座開設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする