2017年03月05日

10年前、フージャースを中心に当時を振り返ってみた。

ツイッターで、g0mao‏@g0maoさんから3月4日に頂いた返信を機に、
当時の事も書かないとな、と思いました。

10年以上前の事だし、その当時、色々とバッシングされて、
私を含めて、様々な人が悲しい思いをしたので、今更、蒸し返す
必要もないかなとは思います。

しかし、様々な方が、様々な事を書いており、間違いや勘違いが
正しい事だと誤解されるのも良くないと思いますので、私の記憶を
振り返って、整理してみたいと思います。
あくまで私の記憶なので、記憶違いもあります。
oさんにご迷惑をおかけする事になったら、ごめんなさい。

【oさんとの関係】
まず、oさんとは、確か、サミーという株に投資していて、
サミー株のヤフー掲示板などで仲良くなりました。
2001年前後だったと思います。

当時のoさんは株の初心者だったと思います。私も個別株を
始めて1年位で、大した事は無かったですが、株式投資について、
他の個人投資家と共にライコス掲示板などで話し合ったりしました。

その後、私がライコスの相場観コンテストで優勝して、脚光を浴びて、
せっかくなので、ライコスのクラブサービスを使ってブロードバンド
投資家クラブという無料で誰でも入れる株式投資のコミュニティーを
つくりました。

そこで、主に私は自分の保有株の事や、投資の事、雑多な事など、
色々書きました。
フージャースもその一社で、IPO当時から注目していました。

oさんも、ブロードバンド投資家クラブの主要メンバーの一人として参加し、
私同様、フージャースの割安さと成長力を知り、フージャースに投資を始めました。
フージャースの物件の販売状況などの分析を始め、メキメキと実力をつけました。

その頃のフージャースの業績については、下記ブリッジサロンを時系列を追って
読むと良く分かります。素晴らしい増収増益なのに割安で、良い投資機会でした。
http://www.bridge-salon.jp/report_bridge/archives/2007/05/070515_8907.html

フージャース業績.JPG

IPOの時点では時価総額16億円(上記レポート参照)で、業績成長が無くても
激安な水準でした。
私が信用取引で全力で買いたくなる気持ちも分かるかと思います。(笑)

oさんのブログなどで、フージャースの分析記事を、私もリスペクト
しながら参考にしていました。もちろん、売買は自己責任という大前提で、
彼に責任を負わせる意思など毛頭ありません。それだけ素晴らしい分析でした。

だから、せっかくoさんが分析されているので、私はフージャース以外の
不動産流動化銘柄などの分析をした方が効率が良いかなと思いました。

IPOから2006年にかけて、フージャースは素晴らしい株価上昇を見せており、
oさんの言う通りフージャース株を買っていれば大儲けできた訳です。
oさんのせいで、フージャース株を買って損したという人が当時
多かったですが、oさんが悪いというよりは、単にフージャースを
知ったタイミング、売買したタイミングの問題だと思っています。
oさんは、単にフージャースに魅力を感じ、株価の上昇期も下降期も
フージャースに付き合い、思い入れが強すぎて、買い煽り気味だったのは
否めませんが、基本的には業績の分析をして、情報発信していただけです。

【私とフージャースの関係】
私自身は、IPO当時からフージャースの投資を始め、2005年位から、
不動産流動化銘柄にも投資を始めました。この辺は、様々なメディアで
公表していますので割愛します。

2006年1月のライブドアショックでピークを迎えて、その後、
2006年に中国株を始め、2007年にベトナム株を始めました。
昔に比べたら比率は下がりましたが、2006年以降もフージャース株を
売買していました。

2007年以降、業績予想の下方修正や、成長鈍化もあり、フージャース株は
下落しました。色々と考えて、2007年7月にフージャース株は全部売却しました。
下記のような感じのチャートで売買判断しました。

フージャース株価.gif

当時は、あり得ないほどの株価の下落で、何となく危険な感じがしたから
売却した感じでした。
でも、今思えば、業績予想を下方修正し、成長鈍化気味になり、結構、
不動産市況が活況な中、開発用不動産の仕入れを増やして自己資本比率が
23.7%に下落と、色々と悪材料がありましたね。

他にも良い株は色々あるし、無理にフージャースを持ち続けなくても
良いと思いました。

【フージャース売却ブログ投稿への思い】
フージャースを売却して、下記のようなブログを投稿しました。
『フージャースについては、oさんに頼りすぎた事も失敗でした。中国株やベトナム株など、幅広く物色していたので、細かく分析できなかったのが敗因でした。oさんも、この苦しさを受け入れて、消化できれば、ワンランク上の投資家に成長できた気もします。少し惜しい気もします。』

フージャースに投資していた人は、ほとんどoさんの情報を
参考にしていたと思いますし、私も例外ではありません。
でも、oさんに責任を負わせる意思などありません。
oさんの分析に頼り過ぎたという、恥ずかしい自分をさらけ出して、
手を抜かず、今後はちゃんと自分自身でも分析しようという決意を
固めようと思っただけです。

また、oさんには、フージャースの分析で鍛えられた能力がある
訳です。別にフージャースにこだわる必要は無く、他にも同様の手法で
投資できる株は色々とあるでしょう。フージャースでの経験をバネに
飛躍して欲しいと思いました。その後、最近のラジオNIKKEIへのコメントで、
5000万円まで資産を増やされたとの事で喜ばしく思いました。

上から目線と言う方もいますが、上記の過去の経緯から、彼はライコス
掲示板時代からの教え子でもあり、彼自身も私の一番弟子だと自称して
いましたので、その辺はご理解ください

このブログ投稿後、私への批判コメントが多かったです。

例えば、こんな感じです。
http://plaza.rakuten.co.jp/kunikunikuni/diary/200707280000/

私自身は、上記のブログに書かれているような意思は前述の通りありませんでしたが、
このブログ主としてはそう受け取られたようです。

【その後】
多少の収入はあるにせよ、基本的にはボランティア精神で株の事を書いていて、
別に報告義務も無い売却の事を書いて、なぜここまで色々言われなければ
いけないのかと思いました。株価下落で雰囲気が悪くなり、ブログへの
やる気が薄れました。

元々、ブロードバンド投資家クラブ時代に書いていた不動産株に関する
フォローアップを目的としていたので、フージャース株を売却した後は、
もう良いかなと思いました。

また、批判コメントへの対応に疲れて、このフージャース株売却に関する
ブログ投稿を削除しました。

もしかしたら、2007年7月以降に私がフージャース株を売却したブログ記事を読んで、
不動産株を売って、その後の不動産株大倒産の悲劇を回避できた人がいたかもしれません。

2007年7月時点で高値から3分の1の株価水準でしたが、その後は下記のような
チャートとなりましたので、結果的にいつ売っても遅くはない状況でした。

フージャース株価その後.jpg

でも、その後もバッシングがありましたし、私も、不動産株が復活して、
株価がV字回復するかもしれないとも思っていましたので、余計な事は言って、
逆に文句を言われても困ると思い、様子見をしていました。

その後、不動産株が大暴落し、倒産続出となり、ネットの噂では、私は、
その大暴落に巻き込まれて大損した事になりました。
それを否定するため、もう既に売却済で、不動産株はノンポジでしたと
主張したら、多分、その事でバッシングを受けたでしょうし、
すいませんが、様子見継続でした。

【まとめ】
10年前の話ですが、色々と参考になる事はあるのではないかと思います。
10年経って、投資家のリテラシーが改善していれば良いなぁとは思いますが、
相場が悪化すると、株式投資のコミュニティは雰囲気が悪化する傾向があります。
基本的に上昇相場が続き、今も株価が好調ですが、本格的な下げ相場
への転換が来るのが怖いです。

二度と、あのような経験はしたくないです。
だから、しばらく株式市場から姿を消しましたが、気持ちが落ち着き、
再び、株仲間との交流を楽しめるようになり、色々と活動を再開できる
心境になった訳です。oさんとも、ぜひ再会したいです。

私を含めて、株の情報発信者は神では無いので間違いをするし、
株式投資だから損したりする事もあります。情報発信者も人間です。
情報発信者が気持ち良く活動できるようにする方が、結果的に得られる
情報が増えて、発信者、受信者とも、より良い状況が生まれると思います。

より良い株式投資コミュニティを一緒につくりましょうね。
posted by DAIBOUCHOU at 19:18| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

PCデポの契約の流れを推測

※8/23追加
ヨッピーさんがケンヂさんの高額解除料問題について、事実をまとめてくれました。

PCデポ 高額解除料問題 大炎上の経緯とその背景
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yoppy/20160823-00061403/

当時の不十分な情報をもとに推測した私の記事は、今となってはもう用済みとは
思いますが、当時は私はこう考えていたという材料として、このままにします。
ヨッピーさんの記事の事実と矛盾している点もあると思いますが、ご了承下さい。

ブログの末尾にある通り、ケンヂさんの父親が契約内容を理解できる前提でブログ
を書きましたが、今回、認知症を患っており、ケンヂさんがPCデポ側に伝えていた事が
分かりました。

恐らく、ケンヂさんも、父親が認知症という事を知られたくなかったと思います。
PCデポも、認知症を理由に、すぐ無料で解約に応じていればここまで大きな問題に
ならなかったでしょう。

正直、PCデポの対応の不備が目立つ問題だったと思います。
私も、ヒステリックにPCデポを責める事に対して、事実に基づいた冷静な議論が
必要だと思い、あえてPCデポを庇う論調でブログやツイッターを書きましたが、
それが報われる結果にならなかった事が残念です。

------------------------------------------------------------

落ちぶれ株死さんから、ツイッターで、下記のように質問を頂いたので、ケンヂさんの父親の契約の流れを推測してみようと思います。ケンヂさんのツイッターの文章を参考にしていますが、あくまで推測なので、事実と異なる可能性はあります。

>問題は契約内容と言うよりも、PCの修理をしてもらいにいったら何故かこれだけの
>契約を結ばれて帰って来たと言う事ですね。それに契約された物が本当に納品されて
>いたのかが気になる所であります。

【契約の流れの推測】
ケンヂさんの父親が、自分のパソコンの修理を依頼しにPCデポ幕張インター店に行きました。

パソコンの修理の結果は不明ですが、iPad Air 16GBを割賦で契約したようです。
恐らく、故障したパソコンからiPad Air 16GBに乗り換えようとしたのでしょうか。

iPad Air 16GBが無いとケンヂさんは言っていますが、PCデポにも契約書類があるでしょうし、ケンヂさんの父親の署名もあると思います。ケンヂさんの父親の使用履歴も残っているそうです。手渡した後、手元に無いからと言って、PCデポの責任になるのはおかしいと思います。

パソコンの修理費用は無償修理期間が過ぎたら高額になる事が多く、無理に修理するより最新機種に乗り換えた方が性能も良くなって合理的な場合が多いです。私も故障発生時が機種変更の良いタイミングと思っています。

ケンヂさんの父親は、パソコンの故障で困っていたと思われ、PCデポの有償サポートサービスであるファミリーワイドプランに契約します。「ファミリープラン以上コース限定iPadプラン」というプランがあるので、iPad Air 16GBを有利に入手したくて、ファミリーワイドプランを契約したのかもしれません。

その後、iPad Air 16GBで購読できる日経ビジネス(月1296円、税込)、週刊東洋経済(月1080円、税込)を36ヶ月分、定期購読契約します。中途解約不可、デジタルのみで雑誌宅配は無しという厳しい条件ですが、それぞれ週刊誌で、1冊の定価は690円(税込)、1ヶ月(4週間)で2760円なので、安いです。また、日経ビジネスは、通常、雑誌宅配とのセット契約のみで、デジタル契約のみの定期購読契約を受け付けていないので、PCデポならではのようです。

フレッツ光の光回線を乗り換えた(転用)した方が安くなるとセールスを受けたのか、ozzio光の光回線を契約します。3780円なので、割高とは言えません。

ozzioシアターwith U-NEXTオプション(月2149円、税込)、Ozzio cloudオプション1TB(月540円、税込)も契約されたようです。ケンヂさんの父親の料金は3780円と安いので、オプション追加で特価プライスになっている可能性があります。ただ、純粋にケンヂさんの父親が映画を見るのが好きで、必要だと思ったのかもしれません。

【まとめ】
私が推測する限り、以上のような状況で、パソコンの修理から、iPad Air 16GBと様々な契約をする事になった流れでは無いかと思います。

PCデポも商売ですし、ケンヂさんの父親の購買意欲を高めるセールストークをするのは当然で、後々になったら衝動買いだったかもしれないと後悔するような事もあります。
PCデポに限らず、例えば保険セールスや、スマホの契約時など、ついセールストークに乗せられて、余計な契約をしてしまうケースはあります。
まぁ、私はそういうものだと諦めていますが、PCデポに限らず、そういう営業手法やセールストークを見直す事自体は悪くは無いと思います。
posted by DAIBOUCHOU at 10:49| 東京 🌁 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PCデポの解約クレームについて、まとめとコメント。(8/17修正)

※8/23追加
ヨッピーさんがケンヂさんの高額解除料問題について、事実をまとめてくれました。

PCデポ 高額解除料問題 大炎上の経緯とその背景
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yoppy/20160823-00061403/

当時の不十分な情報をもとに推測した私の記事は、今となってはもう用済みとは
思いますが、当時は私はこう考えていたという材料として、このままにします。
ヨッピーさんの記事の事実と矛盾している点もあると思いますが、ご了承下さい。

ブログの末尾にある通り、ケンヂさんの父親が契約内容を理解できる前提でブログ
を書きましたが、今回、認知症を患っており、ケンヂさんがPCデポ側に伝えていた事が
分かりました。

恐らく、ケンヂさんも、父親が認知症という事を知られたくなかったと思います。
PCデポも、認知症を理由に、すぐ無料で解約に応じていればここまで大きな問題に
ならなかったでしょう。

正直、PCデポの対応の不備が目立つ問題だったと思います。
私も、ヒステリックにPCデポを責める事に対して、事実に基づいた冷静な議論が
必要だと思い、あえてPCデポを庇う論調でブログやツイッターを書きましたが、
それが報われる結果にならなかった事が残念です。

※8/17追加
8/17に追加、修正しました。追加、修正した文章を、イタリック体で表現しています。
追加、修正部分だけ読みたい人は、イタリック体の文章をお読みください。

PCデポの悪評について、ツイッターよりブログの方が適正と思い、ブログに書きます。

あまりにもPCデポを悪徳、詐欺と断定する文章が多いため、あえてPCデポを擁護する立場で書きます。

PCデポへのクレームをツイートされている方は、「ケンヂ@kenzysince1972」さんです。
実際に契約、利用された方は、ケンヂさんの父親です。
月々15000円も取られて、解約したら214164円(交渉の末、108000円に減額)も請求されたとクレームをツイートされました。

ケンヂさんのツイートと2ch掲示板の情報から、問題となっている月々15000円の明細と214164円の解約金について、下記にまとめます。

【月々15000円の明細】
●ファミリーワイドプラン:5400円(税込)
●日経ビジネス定期購読料:1296円(税込)
●週刊東洋経済定期購読料:1080円(税込)
●ozzio光シアター:2149円(税込)
●ozzioクラウド1TB:540円(税込)
●ozzio光回線:3780円(税込)
合計:14245円(税込)

※8/17修正
iPad Air 16GBも契約されているようで、それの割賦費用も別途請求されていると思っていましたが、ファミリーワイドプランを契約すると、iPad Air 16GBが月額無料で利用できるそうです。

●ファミリーワイドプラン:5400円
ファミリーワイドプランは、3年契約にする事で月々5940円から5400円に安くなっているようです。

サポート内容は、下記ブログに詳しく説明されています。
http://anond.hatelabo.jp/20160816110752

サポートの料金価格は、人それぞれの価値観と必要性次第なので、何とも言えません。

●日経ビジネス定期購読料:1296円(税込)
●週刊東洋経済定期購読料:1080円(税込)
日経ビジネス、週刊東洋経済の両方とも、1誌の定価は690円(税込)です。
週刊なので、1ヶ月4冊として、1ヶ月の購読費用は690円×4冊=2760円です。
2誌購読で、2760円×2誌=5520円です。

日経ビジネスの定期購読は、3年契約で51700円で、月々の費用は1436円です。
週刊東洋経済は3年契約で63000円、月々の費用は1750円です。

定期購読で、デジタルのみという条件付ですが、PCデポの購読料、最も割安ですね。
私は日経ビジネスと週刊東洋経済をアナログな雑誌宅配で定期購読していますが、PCデポで購読した方が良いのかもしれません。

※8/17追加
iPad付の定期購読契約(2誌契約なので、iPad2台)なのに、iPadが手元に無いとか、iPadが店頭で眠っていたという情報があります。様々な情報を総合的に考えて、ケンヂさんの父親の状況は、下記の通りと推測します。
1.日経ビジネスと週刊東洋経済をそれぞれiPad付で契約した。
2.PCデポは、iPadの初期設定をした。(技術料 1万円×2台)
3.理由は不明ですがiPadをPCデポで受け取らなかった。
4.iPadは渡していないが、雑誌2誌の購読は開始したので、iPad分の代金は請求せずに雑誌の定期購読料金だけをケンヂさんの父親に請求した。
5.契約して7ヶ月後、ケンヂさんの父親は解約した。雑誌の定期購読の残金とiPadの技術料2万円(1台1万円)を解約料として請求した。

正直、1人暮らしの高齢者に、iPadを合計3台も必要ないとは思いますが、そもそもお客様の家族構成をわざわざ確認しないだろうし、独立した息子や娘、孫へのプレゼントの場合もあるし、PCデポ側では判断しにくいかなと思います。

●ozzio光シアター:2149円
●ozzioクラウド1TB:540円
●ozzio光回線:3780円

※8/17修正
ozzio光回線も、本来は戸建住宅で5400円、集合住宅で4320円に対し、3780円と割安になっています。3780
円は集合住宅向けのよう不明です。
私ならozzio光シアターもozzioクラウド1TBも不要だけど、こういうオプションは人それぞれだから、何とも言えない。
ozzio光シアターとozzioクラウド1TBのオプションを付ける事で安くなったのかな。

【解約金21万4164円の明細(税抜か税込か不明)】

ファミリーワイドプラン:62081円(65000円−417円×7ヶ月)
iPad Air 16GB:38283円(42700円−631円×7ヶ月)
日経ビジネス定期購読料:34800円(43200円−1200円×7ヶ月)
週刊東洋経済定期購読料:29000円(36000円−1000円×7ヶ月)
表Cの費用(定期購読の解約手数料?):20000円(10000円×2誌)
ozzio光解約料:30000円
合計:214164円 ←交渉の末、108000円(税込)に減額。
契約期間は7ヶ月の模様。

●ファミリーワイドプラン:62081円(65000円−417円×7ヶ月)
サポート費用なので、価値観や必要性次第ですが、初期設定が忙しい時だけ契約とか、不具合が発生した時だけ契約という厄介な契約方法をされないために、解約費用が高めに設定されているのかなと思います。

●iPad Air 16GB:38283円(42700円−631円×7ヶ月)
※8/17修正
ファミリーワイドプランを契約すると、iPad Air 16GBを月額無償で利用できるようです。
結果的に、代金を払っていない訳で、この程度は支払わないといけないと思います。

●日経ビジネス定期購読料:34800円(43200円−1200円×7ヶ月)
●週刊東洋経済定期購読料:29000円(36000円−1000円×7ヶ月)
●表Cの費用(iPadの初期設定技術料):20000円(10000円×2台)※8/17修正
計算すると分かるけど、解約しないで、月々の購読料を支払った方が割安なんですよね。
自分のパソコンやスマホなど、適当なデバイスで読めば良い。契約者も、様々な雑誌の中から趣味趣向に合う2誌を選んだ訳だから、読みたいだろう。定期購読というよりは、3年分の雑誌代金を一括で購入するような契約になっているみたいですね。

※8/17追加
表Cの費用2万円が謎の費用でしたが、iPad付で日経ビジネスと週刊東洋経済を定期購読契約したけど、理由は不明だけど、ケンヂさんの父親はiPad 2台を受け取らなかったと推測しています。とはいえ、iPad 2台は初期設定済で技術料が発生しており、解約時に2台分の技術料2万円が請求されたという流れと推測しています。

●ozzio光解約料:30000円
36ヶ月契約前提の割安な利用料なので、7ヶ月で解約したら解約料を取られても仕方が無いと思います。元々、フレッツ光を使っていて、ozzio光に転用されたそうです。光回線が必要な状況と思われ、解約する必要は無かったと思います。

【まとめ】
ozzio光、日経ビジネスや週刊東洋経済の購読料はむしろ割安と言えると思います。その反面、解約料は高額という事で、中途解約者には厳しい料金体系のようです。
36ヶ月の契約が前提の価格体系となっており、中途解約すれば割高になり、36ヶ月きっちり契約すれば割安になるという事で、今回、7ヶ月という短期間で無理に中途解約したから割高になったというだけだと思います。
iPad Air 16GBも、途中解約すれば、未払いの割賦費用を一括で支払わないといけないのは、スマホや携帯の割賦契約でおなじみのスタイルですね。

iPad Air 16GBが欲しい、日経ビジネスや週刊東洋経済を購読したい、ozzio光のフレッツ光に転用したいとケンヂさんの父親が思って契約していたら、それほど悪質な契約内容とは思えません。

※8/17修正
問題点があるとすれば、ファミリーワイドプランの契約で、月々の費用を安くしたいなら、これだけ解約すれば解約料は62081円で済みます。ただ、ファミリーワイドプラン契約の前提で、iPad Air 16GBを月額無償で利用しており、ozzio光回線も3780円の割安な特価プライスとなっています。ファミリーワイドプランの解約で、色々と追加費用が発生するかもしれませんが、私にも良く分かりません。

ただ、ファミリーワイドプラン契約を前提とした特価プライスが多く、ケンヂさんの父親は80歳以上という事なので、色々と技術サポートが必要な状況なのかもしれません。いくら安くなっても、技術的にiPad Air 16GBが使えなければ意味がありません。

結局のところ、ケンヂさんの父親の技術サポートの必要性や、契約内容の要望が分からない限り、今回のPCデポの契約の良し悪しを判断出来ません。そのため、PCデポを悪質とか詐欺とか一方的に断罪する事は出来ないと思います。

最後に、ケンヂさんの父親は、80歳とはいえ、正常に契約内容を判断できる状態という前提でこの文章を書いています。万一、認知症など問題があり、それが明らかだったら話は変わります。

また、誤字や間違いなど、色々あると思います。間違っていたら修正しますので、ごめんなさい。

※8/17追加
ブログではコメントを受け付けていないので、何かありましたら、ツイッターの方にコメントを下さい。
posted by DAIBOUCHOU at 01:04| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする