2016年08月31日

2016年08月30日のつぶやき






posted by DAIBOUCHOU at 00:01| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ツイッターのツイート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

2016年08月29日のつぶやき






posted by DAIBOUCHOU at 00:01| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ツイッターのツイート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

2016年08月28日のつぶやき


posted by DAIBOUCHOU at 00:01| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ツイッターのツイート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

2016年08月27日のつぶやき


posted by DAIBOUCHOU at 00:01| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ツイッターのツイート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

2016年08月26日のつぶやき




posted by DAIBOUCHOU at 00:01| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ツイッターのツイート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

2016年08月25日のつぶやき


posted by DAIBOUCHOU at 00:01| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ツイッターのツイート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

2016年08月24日のつぶやき








posted by DAIBOUCHOU at 00:01| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ツイッターのツイート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

海外レンタルWiFi機器の解説

こんにちは。DAIBOUCHOUです。

【50万円も通信料を請求?】
リオオリンピックのため、ブラジル渡航した内村航平選手が、ついブラジルでポケモンGOをやったばかりに50万円も通信料を請求されたというニュースがありました。交渉の末、1日約3000円の定額料金にする救済処置をとってくれたそうです。

私が海外旅行で絶対に申し込むのが海外レンタルWiFi機器です。海外旅行中に大暴落が起きたら大変です。いつでもネットに繋いで、株の売買が出来ないといけません。

ALOHA DATA
2016年5月のハワイ旅行では、グローバルモバイル社のALOHA DATAを利用しました。このALOHA DATAは、データ使用容量が1日400MB、通信速度は4G LTEの最新モデル、連続通信時間は最大10時間、同時接続可能台数は10と、ハイスペックのWiFi機器をレンタル出来ました。スペックは高いのに、1日880円〜と大変安い。わざわざ面倒な設定をして、1日2980円のお金を払う事が馬鹿らしくなります。

海外レンタルWiFi機器で大事なのが、1日当たりのデータ使用容量、通信速度、連続通信時間、同時接続可能台数です。

【1日当たりのデータ使用容量】
ALOHA DATAの場合は、1日当たり400MBも通信出来ます。更に、500MB仕様もあります。長時間、動画を視聴するような事をしなければ、安心の大容量です。この容量をオーバーすると、途中で通信が遅くなったり、通信が止められたりするので、ヘビーユーザーには死活問題です。

400MB以内の通信料の目安
http://www.gmobile.biz/traffic/400mb.html

【通信速度】
通信速度は、4G LTE対応が望ましいですね。海外旅行は、大金を払ってその場にいる訳で、通信の反応を待つ少しの時間でも勿体無いですよね。

【連続通話時間】
連続通信時間も重要です。さぁ、夕食はどこで食べようかとスマホで飲食店を探そうとしたら、Wi-Fi機器が電池切れ。何のためにWiFi機器をレンタルしているのか分からなくなります。同行者に対しても格好悪いですね。

いちいち電源のオンオフを繰り返して、電池切れを防ぐ事も出来ますが、電源を入れてから使えるまで多少時間がかかります。また、電源オフを忘れて、電池切れになる事もあります。電池切れの心配が少ない大容量バッテリーの搭載は安心です。

【同時接続可能台数】
同時接続可能台数は、例えばグループで共用すれば、1人当たりの費用が安くなります。1人分の負担で、皆が楽しく通信出来ます。ただ、別行動になったら誰かが使えなくなるので、複数台をレンタルした方が良い場合もあります。

【注意点】
使用方法は、旅行先に到着後、マニュアルの通りにWi-Fi機器との接続設定を1回するだけで簡単です。ただ、トラブル防止のため、下記3点には注意が必要です。

●モバイルデータ通信をオフにする事。
「設定」→「モバイルデータ通信」→「モバイルデータ通信をオフにする。(緑色のスイッチがグレーになればOK)」
これで、通信がWi-Fi限定になるので、通信料金の心配をしないで済みます。

●日本国内、経由地、飛行機の中で電源を入れない事。
ハワイ用にレンタルしたWi-Fi機器を日本で使うと、海外通信となり、高額な通信料を請求される恐れがあります。旅行先に到着するまでWi-Fi機器の電源を切り、日本に帰国する時もWi-Fi機器の電源は切りましょう。

●通話は有料で高額です。
Wi-Fi機器は、あくまでネット通信のみ対応なので、電話での通話は有料です。海外通話なので高額になります。LINE電話など通話アプリを使ったり、メールを使えば節約できます。

●グローバルモバイルのWIFI機器は国別で用意されています。旅行される国で選んでくださいね。

アメリカ




ハワイ




韓国




台湾




ヨーロッパ


posted by DAIBOUCHOU at 16:34| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 旅行サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日のつぶやき












posted by DAIBOUCHOU at 00:01| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ツイッターのツイート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

2016年08月22日のつぶやき


















posted by DAIBOUCHOU at 00:01| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ツイッターのツイート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

2016年08月21日のつぶやき










posted by DAIBOUCHOU at 00:01| 東京 ☁ | TrackBack(0) | ツイッターのツイート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

2016年08月20日のつぶやき














posted by DAIBOUCHOU at 00:01| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ツイッターのツイート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

2016年08月19日のつぶやき


















posted by DAIBOUCHOU at 00:01| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ツイッターのツイート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

2016年08月18日のつぶやき
























posted by DAIBOUCHOU at 00:01| 東京 ☁ | TrackBack(0) | ツイッターのツイート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

2016年08月17日のつぶやき












































posted by DAIBOUCHOU at 00:01| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ツイッターのツイート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

PCデポの契約の流れを推測

※8/23追加
ヨッピーさんがケンヂさんの高額解除料問題について、事実をまとめてくれました。

PCデポ 高額解除料問題 大炎上の経緯とその背景
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yoppy/20160823-00061403/

当時の不十分な情報をもとに推測した私の記事は、今となってはもう用済みとは
思いますが、当時は私はこう考えていたという材料として、このままにします。
ヨッピーさんの記事の事実と矛盾している点もあると思いますが、ご了承下さい。

ブログの末尾にある通り、ケンヂさんの父親が契約内容を理解できる前提でブログ
を書きましたが、今回、認知症を患っており、ケンヂさんがPCデポ側に伝えていた事が
分かりました。

恐らく、ケンヂさんも、父親が認知症という事を知られたくなかったと思います。
PCデポも、認知症を理由に、すぐ無料で解約に応じていればここまで大きな問題に
ならなかったでしょう。

正直、PCデポの対応の不備が目立つ問題だったと思います。
私も、ヒステリックにPCデポを責める事に対して、事実に基づいた冷静な議論が
必要だと思い、あえてPCデポを庇う論調でブログやツイッターを書きましたが、
それが報われる結果にならなかった事が残念です。

------------------------------------------------------------

落ちぶれ株死さんから、ツイッターで、下記のように質問を頂いたので、ケンヂさんの父親の契約の流れを推測してみようと思います。ケンヂさんのツイッターの文章を参考にしていますが、あくまで推測なので、事実と異なる可能性はあります。

>問題は契約内容と言うよりも、PCの修理をしてもらいにいったら何故かこれだけの
>契約を結ばれて帰って来たと言う事ですね。それに契約された物が本当に納品されて
>いたのかが気になる所であります。

【契約の流れの推測】
ケンヂさんの父親が、自分のパソコンの修理を依頼しにPCデポ幕張インター店に行きました。

パソコンの修理の結果は不明ですが、iPad Air 16GBを割賦で契約したようです。
恐らく、故障したパソコンからiPad Air 16GBに乗り換えようとしたのでしょうか。

iPad Air 16GBが無いとケンヂさんは言っていますが、PCデポにも契約書類があるでしょうし、ケンヂさんの父親の署名もあると思います。ケンヂさんの父親の使用履歴も残っているそうです。手渡した後、手元に無いからと言って、PCデポの責任になるのはおかしいと思います。

パソコンの修理費用は無償修理期間が過ぎたら高額になる事が多く、無理に修理するより最新機種に乗り換えた方が性能も良くなって合理的な場合が多いです。私も故障発生時が機種変更の良いタイミングと思っています。

ケンヂさんの父親は、パソコンの故障で困っていたと思われ、PCデポの有償サポートサービスであるファミリーワイドプランに契約します。「ファミリープラン以上コース限定iPadプラン」というプランがあるので、iPad Air 16GBを有利に入手したくて、ファミリーワイドプランを契約したのかもしれません。

その後、iPad Air 16GBで購読できる日経ビジネス(月1296円、税込)、週刊東洋経済(月1080円、税込)を36ヶ月分、定期購読契約します。中途解約不可、デジタルのみで雑誌宅配は無しという厳しい条件ですが、それぞれ週刊誌で、1冊の定価は690円(税込)、1ヶ月(4週間)で2760円なので、安いです。また、日経ビジネスは、通常、雑誌宅配とのセット契約のみで、デジタル契約のみの定期購読契約を受け付けていないので、PCデポならではのようです。

フレッツ光の光回線を乗り換えた(転用)した方が安くなるとセールスを受けたのか、ozzio光の光回線を契約します。3780円なので、割高とは言えません。

ozzioシアターwith U-NEXTオプション(月2149円、税込)、Ozzio cloudオプション1TB(月540円、税込)も契約されたようです。ケンヂさんの父親の料金は3780円と安いので、オプション追加で特価プライスになっている可能性があります。ただ、純粋にケンヂさんの父親が映画を見るのが好きで、必要だと思ったのかもしれません。

【まとめ】
私が推測する限り、以上のような状況で、パソコンの修理から、iPad Air 16GBと様々な契約をする事になった流れでは無いかと思います。

PCデポも商売ですし、ケンヂさんの父親の購買意欲を高めるセールストークをするのは当然で、後々になったら衝動買いだったかもしれないと後悔するような事もあります。
PCデポに限らず、例えば保険セールスや、スマホの契約時など、ついセールストークに乗せられて、余計な契約をしてしまうケースはあります。
まぁ、私はそういうものだと諦めていますが、PCデポに限らず、そういう営業手法やセールストークを見直す事自体は悪くは無いと思います。
posted by DAIBOUCHOU at 10:49| 東京 🌁 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PCデポの解約クレームについて、まとめとコメント。(8/17修正)

※8/23追加
ヨッピーさんがケンヂさんの高額解除料問題について、事実をまとめてくれました。

PCデポ 高額解除料問題 大炎上の経緯とその背景
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yoppy/20160823-00061403/

当時の不十分な情報をもとに推測した私の記事は、今となってはもう用済みとは
思いますが、当時は私はこう考えていたという材料として、このままにします。
ヨッピーさんの記事の事実と矛盾している点もあると思いますが、ご了承下さい。

ブログの末尾にある通り、ケンヂさんの父親が契約内容を理解できる前提でブログ
を書きましたが、今回、認知症を患っており、ケンヂさんがPCデポ側に伝えていた事が
分かりました。

恐らく、ケンヂさんも、父親が認知症という事を知られたくなかったと思います。
PCデポも、認知症を理由に、すぐ無料で解約に応じていればここまで大きな問題に
ならなかったでしょう。

正直、PCデポの対応の不備が目立つ問題だったと思います。
私も、ヒステリックにPCデポを責める事に対して、事実に基づいた冷静な議論が
必要だと思い、あえてPCデポを庇う論調でブログやツイッターを書きましたが、
それが報われる結果にならなかった事が残念です。

※8/17追加
8/17に追加、修正しました。追加、修正した文章を、イタリック体で表現しています。
追加、修正部分だけ読みたい人は、イタリック体の文章をお読みください。

PCデポの悪評について、ツイッターよりブログの方が適正と思い、ブログに書きます。

あまりにもPCデポを悪徳、詐欺と断定する文章が多いため、あえてPCデポを擁護する立場で書きます。

PCデポへのクレームをツイートされている方は、「ケンヂ@kenzysince1972」さんです。
実際に契約、利用された方は、ケンヂさんの父親です。
月々15000円も取られて、解約したら214164円(交渉の末、108000円に減額)も請求されたとクレームをツイートされました。

ケンヂさんのツイートと2ch掲示板の情報から、問題となっている月々15000円の明細と214164円の解約金について、下記にまとめます。

【月々15000円の明細】
●ファミリーワイドプラン:5400円(税込)
●日経ビジネス定期購読料:1296円(税込)
●週刊東洋経済定期購読料:1080円(税込)
●ozzio光シアター:2149円(税込)
●ozzioクラウド1TB:540円(税込)
●ozzio光回線:3780円(税込)
合計:14245円(税込)

※8/17修正
iPad Air 16GBも契約されているようで、それの割賦費用も別途請求されていると思っていましたが、ファミリーワイドプランを契約すると、iPad Air 16GBが月額無料で利用できるそうです。

●ファミリーワイドプラン:5400円
ファミリーワイドプランは、3年契約にする事で月々5940円から5400円に安くなっているようです。

サポート内容は、下記ブログに詳しく説明されています。
http://anond.hatelabo.jp/20160816110752

サポートの料金価格は、人それぞれの価値観と必要性次第なので、何とも言えません。

●日経ビジネス定期購読料:1296円(税込)
●週刊東洋経済定期購読料:1080円(税込)
日経ビジネス、週刊東洋経済の両方とも、1誌の定価は690円(税込)です。
週刊なので、1ヶ月4冊として、1ヶ月の購読費用は690円×4冊=2760円です。
2誌購読で、2760円×2誌=5520円です。

日経ビジネスの定期購読は、3年契約で51700円で、月々の費用は1436円です。
週刊東洋経済は3年契約で63000円、月々の費用は1750円です。

定期購読で、デジタルのみという条件付ですが、PCデポの購読料、最も割安ですね。
私は日経ビジネスと週刊東洋経済をアナログな雑誌宅配で定期購読していますが、PCデポで購読した方が良いのかもしれません。

※8/17追加
iPad付の定期購読契約(2誌契約なので、iPad2台)なのに、iPadが手元に無いとか、iPadが店頭で眠っていたという情報があります。様々な情報を総合的に考えて、ケンヂさんの父親の状況は、下記の通りと推測します。
1.日経ビジネスと週刊東洋経済をそれぞれiPad付で契約した。
2.PCデポは、iPadの初期設定をした。(技術料 1万円×2台)
3.理由は不明ですがiPadをPCデポで受け取らなかった。
4.iPadは渡していないが、雑誌2誌の購読は開始したので、iPad分の代金は請求せずに雑誌の定期購読料金だけをケンヂさんの父親に請求した。
5.契約して7ヶ月後、ケンヂさんの父親は解約した。雑誌の定期購読の残金とiPadの技術料2万円(1台1万円)を解約料として請求した。

正直、1人暮らしの高齢者に、iPadを合計3台も必要ないとは思いますが、そもそもお客様の家族構成をわざわざ確認しないだろうし、独立した息子や娘、孫へのプレゼントの場合もあるし、PCデポ側では判断しにくいかなと思います。

●ozzio光シアター:2149円
●ozzioクラウド1TB:540円
●ozzio光回線:3780円

※8/17修正
ozzio光回線も、本来は戸建住宅で5400円、集合住宅で4320円に対し、3780円と割安になっています。3780
円は集合住宅向けのよう不明です。
私ならozzio光シアターもozzioクラウド1TBも不要だけど、こういうオプションは人それぞれだから、何とも言えない。
ozzio光シアターとozzioクラウド1TBのオプションを付ける事で安くなったのかな。

【解約金21万4164円の明細(税抜か税込か不明)】

ファミリーワイドプラン:62081円(65000円−417円×7ヶ月)
iPad Air 16GB:38283円(42700円−631円×7ヶ月)
日経ビジネス定期購読料:34800円(43200円−1200円×7ヶ月)
週刊東洋経済定期購読料:29000円(36000円−1000円×7ヶ月)
表Cの費用(定期購読の解約手数料?):20000円(10000円×2誌)
ozzio光解約料:30000円
合計:214164円 ←交渉の末、108000円(税込)に減額。
契約期間は7ヶ月の模様。

●ファミリーワイドプラン:62081円(65000円−417円×7ヶ月)
サポート費用なので、価値観や必要性次第ですが、初期設定が忙しい時だけ契約とか、不具合が発生した時だけ契約という厄介な契約方法をされないために、解約費用が高めに設定されているのかなと思います。

●iPad Air 16GB:38283円(42700円−631円×7ヶ月)
※8/17修正
ファミリーワイドプランを契約すると、iPad Air 16GBを月額無償で利用できるようです。
結果的に、代金を払っていない訳で、この程度は支払わないといけないと思います。

●日経ビジネス定期購読料:34800円(43200円−1200円×7ヶ月)
●週刊東洋経済定期購読料:29000円(36000円−1000円×7ヶ月)
●表Cの費用(iPadの初期設定技術料):20000円(10000円×2台)※8/17修正
計算すると分かるけど、解約しないで、月々の購読料を支払った方が割安なんですよね。
自分のパソコンやスマホなど、適当なデバイスで読めば良い。契約者も、様々な雑誌の中から趣味趣向に合う2誌を選んだ訳だから、読みたいだろう。定期購読というよりは、3年分の雑誌代金を一括で購入するような契約になっているみたいですね。

※8/17追加
表Cの費用2万円が謎の費用でしたが、iPad付で日経ビジネスと週刊東洋経済を定期購読契約したけど、理由は不明だけど、ケンヂさんの父親はiPad 2台を受け取らなかったと推測しています。とはいえ、iPad 2台は初期設定済で技術料が発生しており、解約時に2台分の技術料2万円が請求されたという流れと推測しています。

●ozzio光解約料:30000円
36ヶ月契約前提の割安な利用料なので、7ヶ月で解約したら解約料を取られても仕方が無いと思います。元々、フレッツ光を使っていて、ozzio光に転用されたそうです。光回線が必要な状況と思われ、解約する必要は無かったと思います。

【まとめ】
ozzio光、日経ビジネスや週刊東洋経済の購読料はむしろ割安と言えると思います。その反面、解約料は高額という事で、中途解約者には厳しい料金体系のようです。
36ヶ月の契約が前提の価格体系となっており、中途解約すれば割高になり、36ヶ月きっちり契約すれば割安になるという事で、今回、7ヶ月という短期間で無理に中途解約したから割高になったというだけだと思います。
iPad Air 16GBも、途中解約すれば、未払いの割賦費用を一括で支払わないといけないのは、スマホや携帯の割賦契約でおなじみのスタイルですね。

iPad Air 16GBが欲しい、日経ビジネスや週刊東洋経済を購読したい、ozzio光のフレッツ光に転用したいとケンヂさんの父親が思って契約していたら、それほど悪質な契約内容とは思えません。

※8/17修正
問題点があるとすれば、ファミリーワイドプランの契約で、月々の費用を安くしたいなら、これだけ解約すれば解約料は62081円で済みます。ただ、ファミリーワイドプラン契約の前提で、iPad Air 16GBを月額無償で利用しており、ozzio光回線も3780円の割安な特価プライスとなっています。ファミリーワイドプランの解約で、色々と追加費用が発生するかもしれませんが、私にも良く分かりません。

ただ、ファミリーワイドプラン契約を前提とした特価プライスが多く、ケンヂさんの父親は80歳以上という事なので、色々と技術サポートが必要な状況なのかもしれません。いくら安くなっても、技術的にiPad Air 16GBが使えなければ意味がありません。

結局のところ、ケンヂさんの父親の技術サポートの必要性や、契約内容の要望が分からない限り、今回のPCデポの契約の良し悪しを判断出来ません。そのため、PCデポを悪質とか詐欺とか一方的に断罪する事は出来ないと思います。

最後に、ケンヂさんの父親は、80歳とはいえ、正常に契約内容を判断できる状態という前提でこの文章を書いています。万一、認知症など問題があり、それが明らかだったら話は変わります。

また、誤字や間違いなど、色々あると思います。間違っていたら修正しますので、ごめんなさい。

※8/17追加
ブログではコメントを受け付けていないので、何かありましたら、ツイッターの方にコメントを下さい。
posted by DAIBOUCHOU at 01:04| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日のつぶやき




















posted by DAIBOUCHOU at 00:01| 東京 🌁 | TrackBack(0) | ツイッターのツイート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

マークラインズ(JASDAQ 3901)の第2四半期決算

※2016年8月15日13時に執筆

フィスコソーシャルレポーターのDAIBOUCHOUです。

8月2日にマークラインズ(JASDAQ 3901)が第2四半期決算を発表しました。営業利益と経常利益の違いを理解する上でも良い事例なので、今回は、マークラインズの第2四半期決算について解説します。

マークラインズは、自動車産業向けに会員制ポータルサイトを運営する会社です。日本だけでなく、欧米、中国など全世界の自動車関連会社が会員となっています。

マークラインズは、営業利益は1億8642万円から2億3380万円へ、25.4%増益したのに対し、経常利益は1億9398万円から2億527万円へ、5.8%の増益に留まりました。この経常利益の増益率の悪さを理由に、株価も下落しています。

なぜ、経常利益の増益率が悪いのでしょうか?

営業利益と経常利益を確認するためには、損益計算書(P/L)で確認します。前期は営業外収益で為替差益が227万円得られた反面、今期は為替差損で3347万円の損失が発生しており、為替損益で合計3574万円の損益差が発生した事が分かります。

なぜ、為替差損が発生したのでしょうか?

決算短信の「当四半期決算に関する定性的情報」に、決算期中に発生した事柄が説明されており、為替差損の事も決算短信のP.2に書かれています。「米ドル及びユーロ建て契約代金の受け皿である外貨預金口座の資金を円貨に転換したこと」が主因との事です。今回の第2四半期の期間は、今年1月から6月末までの半年間です。1ドル120円から100円へ、半年で20円も円高ドル安が進む急激な為替変動がありました。この為替変動が原因で為替差損が発生した訳です。

次にマークラインズの為替変動の影響を細かく調べます。

第2四半期決算ではなく、半年前の本決算での決算短信P.5に、海外向け価格は、円貨建料金をベースに外貨換算した料金価格体系で、外貨変動に応じて外貨建料金を改定すると書かれています。緩やかな為替変動なら料金改定で調整し、為替差損の発生を回避出来そうですが、ここ半年間の急激な為替変動により、料金改定が間に合わなかった事が推測出来ます。為替レートに合わせた頻繁な料金改定は、海外顧客を不安にさせて、解約の原因にもなるので、難しかったのでしょう。

この第2四半期決算をきっかけにして、マークラインズの株価は下落しました。今思えば、第1四半期決算の時点で為替差損1230万円が発生していた事に気付くべきでした。円高ドル安が進み、為替差損が広がる事を懸念して、第2四半期決算の前に売却して、第2四半期決算の後に、安くなったところを買い戻すべきでした。

ただ、今回の為替差損の発生源となった外貨預金口座の外貨は円貨に転換され、残高は減少したと思われます。また、現在の為替レートをベースに外貨建ての利用料も料金改定すれば、為替差損の発生はある程度防げそうです。

懸念材料は、海外顧客から見れば、料金値上げとなるため、海外顧客の解約が心配です。これは、今後の契約企業数の月次推移レポートを確認し、海外顧客の推移を把握すべきです。ただ、マークラインズのような世界的な自動車産業ポータルは競合他社に無く、解約は限定的だと思われます。

以上のように、営業利益は本業の利益、経常利益は本業の利益に加え、為替損益や各種金融収支など、本業以外の営業外損益を加えた利益と言えます。マークラインズは、本業は順調だが、本業以外の為替差損が問題となったという事です。

営業利益と経常利益のどちらを重視するかは、金融収支の重要性次第です。マークラインズは金融収支で儲けるタイプの会社では無く、為替損益はマークラインズの実力と無関係ですので営業利益を重視すべきでしょう。

最大の収益源である自動車産業ポータルの契約企業数は加速的に増加しており、プロモーション広告LINEがスタートして、自動車産業のBtoB市場の仲介役として広告収入が獲得出来そうです。運営する自動車産業ポータルが唯一無二の独占的インフラになれれば、為替差損など軽微な問題です。仮に25%増益が3年続けば、利益は倍増する訳で、時間が解決する問題と思います。

ただ、相場観として、今年、比較的調子が良かったマザーズ指数が下落基調となり、逆に大企業の株が反発傾向となっており、その需給の変化でマークラインズのような中小型株が売られる逆風を感じますので、無理の無い中長期投資が肝要だと思います。
posted by DAIBOUCHOU at 12:44| 東京 🌁 | TrackBack(0) | フィスコソーシャルレポーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日のつぶやき






posted by DAIBOUCHOU at 00:01| 東京 ☁ | TrackBack(0) | ツイッターのツイート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする